実はあった!妊婦でも使える海外旅行保険!

2017年11月18日

海外旅行に行くときは不慮の病気や事故に備えて海外旅行保険に加入するのが鉄則。ただ問題になるのが妊娠中の海外旅行。一般的な海外旅行保険では妊娠出産に関する医療行為はカバーされないからです。しかし妊娠36週まで対応した海外旅行保険というのがあるんです。そんな海外旅行保険の加入の仕方を解説です。

 

 

妊娠36週まで手厚くカバーする保険があった!

一般的な海外旅行保険では妊娠出産に関する医療行為はカバーしない事が普通です。ということは、海外で仮に早産、緊急帝王切開などになったとすると、ものすごい高額な医療行為が請求されます。噂では数千万円~数億円なんて話も。実際に2017年には日本に海外旅行中の台湾人夫婦が旅行中に早産となってしまい、1千万円以上の医療費がかかってしまい困っているというニュースが少し話題にもなりました。

ですので妊娠中に海外へ出かけるのなら、妊婦に対応した海外旅行保険に入って行くのが絶対条件かと思います。

じゃあどこにそんな保険があるのって話ですが、妊娠22週未満かつ31日以内の旅行でしたら日本の保険会社、AIU旅行保険が販売するのAIU海外旅行保険というものがあります。主に妊娠初期のトラブルに対応してくれるので、妊娠しているかどうか分からない微妙な時期等にも積極的に活用したい保険です。また日本の保険会社ですから、何かあった場合は日本語で対応してくれますのでとても安心な保険ですね。

では妊娠22週以降もカバーしてくれる保険となると、残念ながら日本語で対応してくれる保険は2017年現在存在しません。

しかし対応言語が英語、フランス語、スペイン語のみとなってしまいますが妊娠36週までカバーしてくれる保険が存在してるんです。それでがイギリスの保険会社Bupa Globalという会社が販売している海外旅行保険です。

この通り、妊娠36週までの妊婦が受ける医療行為はもちろん、被保険者の2歳以下の子供にも同内容の保険が自動付帯するので、仮に海外で赤ちゃんが早産で生まれた場合でも、赤ちゃんが受ける医療行為も手厚くカバーなんです。

ということで、AIU海外旅行保険の方は日本語でオンラインから申し込めるので特に難しい事はないと思いますが、Bupa Globalの海外旅行保険の加入方法について簡単に解説していきたいと思います。

 

Buoa Global海外旅行保険のオンライン加入

まずBupa Globalにアクセスして画面中ほどの【Get a quote】(見積りをする)をクリックします。

 

次の画面で、上からINDIVIDUAL(個人保険)タブで【Travel Insurance】(旅行保険) →【Single trip Insurance】(1回の旅行保険)を選択して Where do you live?(どこに住んでいますか?) の質問欄にはJapanと入力したら、一番下のボタン【Continute to the next step】(次の段階へ進む)をクリックします。

 

次の画面 Please enter your details (詳細情報の入力)画面で、上から

【Start date】には旅行の開始日を、【End date】には自宅に帰ってくる日を入力します。

下欄では【Title】から性別の敬称(ミスター/ミセス等)を選択し、【First name】には下の名前【Last name】には上の姓を入力します。

【Date of birth】には日→月→年(西暦)の順に入力していきます。

全ての入力が終わったら【Next setp>】(次へ)をクリックします。

 

次の画面ではプランの選択です。今回の場合は妊婦中の海外での医療行為をカバーしてもらうために保険に入るわけですから一番左の【Basic】プランで問題ありません。ちなみに真ん中のプランは医療行為以外にも物品の盗難や、飛行機の遅延なども補償するプランです。一番右のプランは、さらにプラスして旅行がキャンセルになった場合の旅行費用の補償なども行うプランとなっています。

【Basic】プランの金額表示の下にある【BUY】をクリックします。

 

次の画面では申込内容の再確認ができます。旅行日程や、名前、生年月日、居住国に間違いがないか再確認します。

 

同じ画面を一番下までスクロールするとプランと金額の確認が出来ますので、問題がなければ画面右下の【Continue to checkout】(支払いへ進む)をクリックします。

 

次は支払い画面です。

念のために画面上部でプランと補償期間などを確認して【Please enter your address】に住所を入力していきます。

住所入力は例えば100-1111 東京都千代田区千代田1−1だった場合は

【Address line1】1-1 Chiyoda Chiyoda-ku
【Address line2】
【city】Tokyo 【Postal/Zip code】1001111

と入力すれば問題ありません。

画面右側の【Billing address】(請求先住所)は Same as previously entered address?(既に入力した住所と同じですか?)の質問ですので基本【Yes】にチェックで問題ありません。

その下欄の【Email Address】にメールアドレスを入力します。右側の【Confirm Email Address】は確認のための再入力欄です。

※ここで入力するアドレス宛に保険証PDFなどが送られてきますので、確実に受け取ることのできるメールアドレスを入力してください。

 

画面を下にスクロールするとクレジットカード情報の入力となります。
クレジットカード情報を適宜入力します。

クレジットカード情報欄の下のチェックボックスは最新情報を受け取るかどうかの選択ですので、不必要であればチェックする必要はありません。

その下欄ではプラン名と金額が再度表示されていますので問題がなれければ【Accept the Policy Conditions】にチェックを付けて【Buy insurance】をクリックすると保険購入完了となります。

 

Bupa旅行保険加入後の保険証はPDFとモバイルアプリで

あとは入力したメールアドレス当てに保険証や補償範囲を示した表などが送られてきますので、念のためプリントアウトして旅行中持ち歩くと良いと思います。

PDFで送られてくる保険証

 

ペーパーレスにしたいという人にはスマートフォンで保険証が表示できるBupa myCardというモバイルアプリも出ていますので、そちらをインストールしてPINナンバーなどを設定すればスマートフォンでいつでも保険証を表示できます。

ihi Bupa myCard
ihi Bupa myCard
Developer: ihi Bupa
Price: Free

モバイルアプリでの保険証表示はこんな感じ。

 

以上簡単ではありますが妊婦も妊娠36週までカバーしてくれるという現在のところ最強の海外旅行保険、Bupa Global社の旅行保険の紹介でした。

 

 

川田 ヒデホ

金沢市在住のイラストレーター/デザイナー。仕事のお話に加え、取材で色々な場所へ行ったり小物を使うので、旅行記やガジェットのレビューなどもしています。ご意見、ご質問等はお気軽にコメント欄や、スタジオサイトの問い合わせフォームからご連絡ください。

コメント

8 Comments

  1. Yoko.n

    はじめまして。こちらの記事大変参考になりました。二歳までの子供にも保険内容が自動付帯とありますが、その場合お腹の子だけでなく、同行する二歳未満の子供も保険に入らなくて良いということなのでしょうか?現在妊娠中で一才10カ月の子供を連れていくので心配になりまして。ご返答お待ちしています。

    • HK

      コメントありがとうございます。BUPA GLOBALの公式サイトには現時点でも”We also cover children under 2 years old at no additional cost”と人数を限定せず「children(子ども達)」と表記してありますので基本的には2歳未満の子供は全員カバーされるという意味になるかと思います。が、記事中でも注意喚起させて頂いている通り、僕はBUPA GLOBALの人間はありませんので正確な補償範囲等については直接BUPA GLOBALへお問合せをお願い致します。この記事にしてもコメントにしても僕がBUPA GLOBALの提供する旅行保険の補償内容等を保障するものではなく、仮に何か起きた場合でも僕のほうでは一切の責任を負えませんので、どうぞご理解ください。という事で、あまりお役に立てずすみません。無事にご旅行を楽しんでこられる事をお祈りしております。

  2. MT

    HKさん、解りやすくお答えしていただいてありがとうございます。こちらの伝えたいことがちゃんと伝わるか不安ですが問い合わせてみたいと思います。ご親切にありがとうございました!

    • HK

      いえいえ、あまりお役に立てずに申し訳ないです。無事保険に加入してご旅行を楽しめるといいですね。お大事にされてください。

  3. MT

    はじめまして。
    お忙しいところすみません。
    質問させて下さい。
    この保険は不妊治療を受けた場合対象が18週までになってしまうようですが、その不妊治療の定義がよくわかりません。
    不妊外来でタイミング法を診てもらったくらいでも不妊治療というのでしょうか?
    なにかご存知でしたら教えて頂けますか?

    • HK

      コメントありがとうございます。僕の申し込んだ際は不妊治療を経ての妊娠に特別の規定はなかったのですが、現在は不妊治療(Fertility treatment)を経ての妊娠は18週までという規定が新たに加えられていますね。
      Bupaの言う不妊治療(Fertility treatment)とはどこまでの範囲なのかは、さらっとサイト内を見ただけでは見つけられませんでした。
      一般的にFertility treatmentと言えば、排卵誘発剤や、体外受精等といった処置になるのかと思いますが、1口にタイミング法(Timed Intercourse)と言いましても、欧米ではNaturalとホルモン剤等の投薬を行うMedicated の2種類のTimed Intercourse方法があるかと思いますので、保険の適用範囲といった結構重要な部分だけに、やはり間違いのない方法としては直接問い合わせるのが一番かと思います。
      僕も保険申込後に明細内容で不明な点があったので一度直接問い合わせましたが、翌日には回答が届きましたので、比較的迅速に対応をしてもらえるのかなと思います。Bupaサイト一番下部に問い合わせ先がのっています。あまりお力になれず済みません。

  4. 藤本彩加

    はじめまして。
    いま妊娠28週で、明日からグアム旅行を控えているためbupaの保険に加入したいのですが、クレジットカード番号を入れる手前の「buy insurance」を押すとエラーになってしまいます。。
    なにかお心当たりがあれば教えて頂きたくメッセージ致しました。

    • HK

      仕事が忙しくてコメントの確認が遅くなってしまい申し訳ございません。もうすでにご旅行には行ってこられたと思いますが、エラーが出た可能性としては、私が購入した頃とは購入手順が変わってしまったためエラーが出る等といった事はないでしょうか?今一度画面の入力項目等をご確認頂ければと思います。またはクレジットカードの情報でエラーが出る場合は、VISA、MASTER等の使用ブランドは大丈夫か等をご確認頂ければと思います。


コメントを書く

*必須項目(メールアドレスは公開されません)

コメントは管理者の承認後表示されます